助成金の上手な使い方とは?

f_f_business_42_s512_f_business_42_0bg.p

働きやすい環境を整えるコストを国が一部負担してくれる

cost

​メリット1

f_f_business_30_s512_f_business_30_0bg.p

​労務管理上の課題への気づきや改善に活用できる

improvement

​メリット3

f_f_business_54_s512_f_business_54_0bg.p

​従業員のモチベーションアップや成長のきっかけにできる

​motivate

メリット2

​避けるべき!ダメな助成金の使い方とは?

助成金そのもので利益が出るわけではない

「社長!助成金は儲かりますよ!もらわないと損ですよ!」という甘い誘いに乗る前に少し考えて見てください。

雇用関係の助成金は、そのほとんどは従業員を雇うとか従業員が働きやすい環境を整えるといったことが受給の条件です。そこには当然コストが発生します。助成金はあくまでそうしたコストの一部を補助しますよ、というものです。助成金を受給して儲かるなどということはありません。もし助成金を受給して得することがあるとすれば、従業員のパフォーマンスが上がり収益も上がるという形以外にありません。

助成金で儲かるには長期的なスパンでの成長政略が必須で、助成金そのもので儲かるというのは幻想です。事実、安易に助成金に手を出して後から「こんなはずじゃなかった…」となることもあります。

助成金という制度そのものは素晴らしいものですので、正しく使えるように提案をしてくれるプロを選ぶ必要があります。

何でもかんでも助成金を勧めてくる専門家はかえって企業のためにならないかもしれません。