人事制度の重要性

企業にとって、従業員の能力をいかに引き出すかはとても重要な課題です。企業が成長するかどうかは、そこに勤めている従業員の成長に比例します。

しかし、多くの企業では人事制度を“どんぶり”で運営しているのが実情です。なんとなくしている評価を見える形にすることでモチベーションアップにつなげることができます。

評価制度は運用が大事

人事評価制度を導入するのは一つのハードルですが、たとえ人事評価制度を導入したとしてももう一つ大きなハードルがあります。それは制度の運用です。

実は多くの企業がこの運用面で躓いてしまうのです。部下の評価が適切にできない、従業員から不平不満が上がる、日々の業務が忙しくて部下を評価する暇がないなどなど。

​無理なく運用ができるような制度設計はもちろん、考課者である管理職向けに研修を行うなど運用面でもスムーズに行くようにサポートいたします。

自社に合った人事評価制度の必要性

人事評価制度の導入にあたって、よくある間違いがあります。それは参考書を鵜呑みにすることです。市販の人事評価制度の教本の多くは大企業の事例を扱っています。それをそのまま自社に導入するのはお勧めしていません。

企業はそれぞれ規模も業態も理念も異なります。身につける人事評価制度は既製品ではなく、オーダーメードであるべきです。丈が短かったり、袖が大きすぎるなど身の丈に合わない人事評価制度はかえってマイナスにすらなります。

​ちとせ労務管理事務所では、自社にとってのベストなサイズを、経営者の方と一緒に考え制度を構築して行きます。